自分のお店をオープンする喜び

パン

パンは日本でも人気の食材として、ほとんどの地域で街中にパン屋が点在しています。また、パン屋になるには国家資格も必要なく、パンを作ることができるのであれば誰でも比較的お店を構えることが可能なため、人気の職業でもありベーカリー開業を行う方も多いです。自分のこだわりをつめこんだ多種多様なパンを作り、販売をしてお客さんに喜んでもらえるというメリットもあり、接客も必要なためサービス業としてもやりがいがある職業です。そして、パン作りを学ぶ過程でアレルギー食についても知識を深めることができますので、アレルギー対応のパンや地元の食材を使用したパンなど、独自のパンを作る楽しみもあります。また、店内のインテリアやレイアウトも好きなように配置することが可能で、包装やお店のロゴなどのデザインも自由です。

食品衛生責任者の資格や営業許可は必要

ベーカリー開業には、パン作りにおける資格は必要ありませんが、食品衛生責任者という資格は取得する必要があります。その資格を取得したら次は営業許可書を保健所で交付してもらい、各自治体による営業許可を得られたらパン屋としてのスタートを切ることができます。そして、実店舗での販売やオンライン販売など、どのような形態で営業を行うかで店内の様相は異なりますが、パンを作るための機材や店構えに必要な各種アイテムを揃えて営業時間やパンの価格など、経営面での計画をきちんと立てることも大切です。また、住宅街の中でお店をオープンする場合は近隣の方の許可を得ることや配慮も忘れないようにします。なお、個人事業主としてベーカリー開業を行う方は開業手続きを経た上での営業となりますので、注意が必要です。

必要な資格や許可を得て、近隣の声を聞く

ベーカリー開業は、自分のこだわりのあるオリジナルのパンを作り、販売をしてお客さんに喜んでもらえるという魅力があります。また、パン作りの過程で食の知識を得ることも可能で、店構えも好きなようにインテリアを構えたり、包装に必要なアイテムを揃えることができるので人気も高いです。そして、パンを作ることに関しての国家資格は必要ありませんが、食品衛生責任者の資格と営業許可、経営状態によっては開業手続きなどを取得すれば、パン屋の営業を開始することができます。ですがこの際、営業許可は各自治体によって異なりますので、事前に調べておくことを忘れないようにしましょう。なお、実店舗販売やオンライン販売など、営業形態も様々ですが、お店を構えるにあたっては近隣の状況を考慮する必要があります。パン屋から漂う香りは嫌いと言う方は少ないですが、住宅街の中でお店を開業する場合は近所の方への配慮も大切となります。